Menu

個別指導塾



進学塾、補習塾、総合塾は、多人数に向けた一斉型の授業が主流になっています。個別指導をしてくれる塾もありますが、だいたいがいくつか存在する学習コースの一環に過ぎません。ここでの個別指導塾とは、講師一人に対して生徒が一人~三人ほどで教えることを主軸にした塾のことです。家庭教師とよく似ていて、授業の形式も家庭教師のように進行します。

家庭教師と違うのは、講師が生徒の家に行くのではなく、講師のいる塾に生徒が行くという点です。個別指導塾の最大の利点は、完全にその生徒の学力に合った授業をしてもらえると言うことです。そのため難関校への進学を目的とした生徒から、学校の授業に置いて行かれてしまい、その補習をしてもらっている生徒まで、非常に幅広い受け入れ層となっています。そのため、総合塾のように進学塾と補習塾の両方の特徴を兼ね備えていると言えます。

授業形式は、家庭教師とほぼ同じです。しかし、家庭教師は学生がアルバイトとして教えていて、成績が良くても教えるのがうまいとは限らないケースがありますが、個別指導塾で講師として働く学生は研修をかなり受けて仕事に励んでいます。また、講師の年齢も他の塾と違って若い場合が多く、生徒が親しみを覚えやすい他、そこそこ最近の受験を経験しているため、学生にとって信頼しやすい、安心感があるという意見もあります。それぞれの学力に合わせて、講師もそれぞれに異なる授業の予習をしてテキスト、プリントを作成してくれるので、より細かい授業が期待できます。

なおかつ、一般的な家庭教師より料金が安いところが多いので、ここ最近で個別指導塾は急激に増加していて、その結果、塾全体の売り上げでみる個別指導塾の割合はかなり大きなものとなっています。また、講述するフランチャイズ塾は個別指導塾の教育形態を取り入れて、急速にその数を増していることからも、現代のスタイルにあった塾であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です