Menu

日本の英語学習



現在では、幼稚園や小学校での英語教育が増えてきています。それを差し引いても、日本人は普通、義務教育で六年間も英語を学んできています。それだけ長い間英語を学んできたというのに、実際に自分の言いたいことを英語で言えるという人は非常に少ないと言えます。もちろん英語学習に力を入れている学校もあるかもしれませんが、一般的な中学高校では、英語が喋れるというレベルになるのは難しいでしょう。

これはどうしてこうなっているかと言うと、日本の英語学習は「受験やテストで点数を取るための勉強」だからです。最終目標に「英語を使いこなせるようになること」がきていないのです。ひたすら英単語を覚え込んで、あまり使わないような文法を学んで、テストではパズルのような問題を解くだけで終わりです。

当然ながら、実際の英会話は、穴の空いた単語を埋めるようなパズルではありません。教科書にないような表現もたくさんあるでしょう。まずは表現を身につけて、実際に外国人と話して、を繰り返さなくては英語力が身につきません。

TOEICで点数を取りたいだけ、という変わった人なら違いますが、大人の勉強方法は、学生時代の勉強方法を、ただ繰り返すだけにしないでください。六年やって身に付かなかった事を、もう六年やっても全く意味がありません。ネットで調べても簡単に英文を聞くことができる時代ですし、英会話教室もいたるところにあります。

また、自分の実力が分かるスピーキングテストというものもあります。問題集をめくって、穴埋め問題ができるようになるのと、英語が話せるようになるというのは全くの別問題です。自分に合った方法を見つけて、学生時代の繰り返しにならないよう工夫をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です