Menu

難関校を目指す時の塾選び



中学受験においても高校受験においても一般的におすすめできるのは、大手の規模の大きい進学塾です。難関校を目指すにあたり、子供たちの一番の負担となるのは膨大な勉強量です。どうしても父兄たちでは、本人が受験するわけではないので、この負担を共有してあげることは大変難しいことです。しかし、進学塾では、一緒の教室で授業を受ける子供たちは、その勉強量の多さを共有できる仲間であり、また、目に見えて分かる競争相手なのです。進学塾では、このように学生同士の相乗効果も受験の計画に練り込んでいるのです。

中学受験では、大人びた小学生なら、上記のような進学塾が良いでしょう。小学校では進路の相談はほとんどの場合行いません。なので、進学塾の進路相談だけが頼りになるのでうまく活用しましょう。しかし、マイペースな小学生は、上記のような進学塾は向かないかもしれません。その場合は、規模の小さい進学塾を選択肢に入れても良いでしょう。現在、規模が大きくない塾でも受験に必要な資料は取りそろえてあります。

高校受験の際は、公立と私立で勉強方法が違ってきます。公立高校は、基本的には教科書の範囲で出題され、そこに各高校の特色をまぜた問題を出します。そのため、過去問の研究が重要となります。

なので、進学塾も良いですが、個別指導塾も良いでしょう。その場合は、講師にしっかり自分の志望校を伝え、一緒に研究することが効果的です。私立の難関校は、過去問ももちろん大切なのですが、それ以上に単純に問題が非常に難しくなっています。これらの学校は教科書を使った勉強ではほとんど足りないので、教科書以上の内容のテキストを使って、知識や思考力を鍛えなければなりません。なので、たくさんの難問を解く進学塾を選ぶ必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です