Menu

贈り先の住所



 お歳暮を贈るためには、当然贈り先の住所が正確でなければなりません。相手が引っ越してしまうことも考えられますから、準備する頃に、最新の情報を入手するように心掛けて下さい。ビジネス関係者に贈る時は、担当者が変わっていないかどうかも確認しなければなりません。また余裕があれば、受取人の好みについて、情報収集しましょう。もちろん気持ちが大切ですから、贈る物品は何でも良いのですが、大事な人に贈る時は、喜んでもらいたいはずです。過去に寄せられた失敗談としては、「アレルギーを有している人に、該当する食品を贈ってしまった」「その人が苦手なものを贈ってしまった」といったものがあります。相手も怒らないでしょうが、後で判明すれば後悔することは避けられません。
 贈り物だからといって、有効に活用してもらえるとは限りません。例えば、相手が受け取った時に賞味期限が切れていたり、生鮮食品を管理するのが面倒になって捨てられたりすることもあります。そのような可能性を事前に考慮した上で、相手の事情をきちんと把握しておきましょう。お盆や年末は、遠出し易い時期でもありますから、旅行に出掛けるような家族にそのような物を贈らないようにします。
 社会人であれば、個人に贈る場合と、企業に贈る場合とがあります。企業に贈る場合は、その量が適切でなければなりません。少な過ぎても多過ぎても分け辛い思いを強いることになるため、注意が必要です。特に商品券の類は性質が現金に近いため、却って迷惑を掛けてしまうこともあります。出来る限り当該企業に関する情報を仕入れてから準備するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です