Menu

犬のすごい臭覚と聴覚について



犬というのは優れた能力を持っているそうです。

嗅覚に関しては人間の数千倍はあるそうです。

犬は生まれて最初に芽生えるのが嗅覚だそうです。

子犬は世間を嗅覚で認識して、成長してからも仲間の識別などは嗅覚を頼りにおこなうそうです。

犬は匂いの強さ、微妙な強弱を感じるとることができるそうです。

ついた匂いは時間とともに薄れてしまうものですが、この犬の能力は訓練を重ねることによって、警察犬になることができるそうです。

聴覚の方も人間よりもずっと高い周波数を聞き取ることができるそうです。

小さい音を聞き取る能力にも優れているそうで、自在に動く耳ということもあって、音のする場所を特定できたりするそうです。

ただ、耳が垂れた犬は耳が立っている犬種に比べて聞き取る能力が劣っているそうです。

犬が笑って見えたりすることがありますが、あれは犬自身も楽しいと感じているのだそうです。

口元を自然に開いて、口角を上げていたりして可愛いですね。これは人間が笑ったりするのと同じように口角が上がったりするからだそうです。

気分上々、リラックスして、心穏やかな状態だそうです。

楽しい気持ちが強いと、口角がキューと上がっていくそうです。

これは人間の顔マネをしているという説もあるそうです。

人間がニコニコ楽しければ犬も楽しいのかもしれませんね。

ニコニコ笑顔見たさについ新しい犬のおもちゃを買って一緒に遊んでしまうなんてこともあるかと思います。

口を閉じて一点を見つめているときがありますが、あれを幽霊を見ているという人もいるようです。

何か気になることをみつけたりすると、ピタッと動きを止めて一点をじっと見つめるという動作になるそうです。

見つけたものや音の正体がわからないときは、前傾姿勢で耳や鼻に意識を集中するそうです。

こういうとき本当に話すことができたら幽霊がいるかどうか聞けるのですが。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です