Menu

謎多き「きのこ」と「カビ」



「きのこ」と「カビ」は、仲間なのだと聞いてしまうと、なんだか「きのこ」を食べにくいと感じてしまう人々もいるようですが、「きのこ」は、野菜ではなく「菌類」に属する生物なのです。

「きのこ」には、様々な種類がありますが、地球上のすべての「菌類」を調べる事は、人類には未だに完結できていません。

「きのこ」には、私達が食用として、食べる事ができる「きのこ」や、猛毒をもつ「きのこ」、また、高い薬効が研究データとしても収集されている「きのこ」、発光する「きのこ」など、様々な独特な特性をもつ「きのこ」たちがいます。

世界三大珍味とされる、高級食材のトリュフや、高価な漢方として世界的に取引されているアガリクス、冬虫夏草、霊芝など、古来の中国でも、その存在が記録として残っているような多くの「きのこ」たちがあります。

古い時代から人類の生活に、「きのこ」は欠かせない存在でもあるのです。

実際には、「きのこ」が「カビ」の仲間であると聞いてしまうと、なかなか信じられない人々もいるのではないかと思われますが、「菌類」には、実は、皆さんが苦手とする「水虫」も含まれているのです。

その他には、お酒や味噌、お醤油などの「酵母菌」なども仲間であります。

「きのこ」は、人々の生活に役立つものから、そうではないものまで、様々なバリエーションがみられます。

特に上記で出てきた
冬虫夏草はサプリとしても販売されているため通販などでお手軽に購入出来るようになりました。

薬にも毒にもなるなんて「きのこ」はまさに謎に満ちた存在です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です