Menu

補酵素として働くビオチンについて



ビオチンというのは水溶性ビタミンのひとつだそうです。体内に取り込まれると酵素タンパク質と結びついて、補酵素として働くそうです。脂肪酸とグルコースの合成などに関与しているそうです。強い運動をしたりすると、ブドウ糖がエネルギーに変わる過程で乳酸が発生するそうです。肝臓に運ばれた乳酸はピルビン酸からオキサロ酢酸に変化するそうです。そしてブドウ糖に再合成されるそうです。その過程でビオチンは、補酵素として働くそうです。ビオチンが不足してしまうと働きが低下するかと思いますが、そうなると糖が再合成されないということになって、筋肉痛や疲れが現れるそうです。ビオチンはDNAの合成による細胞の活性化や血糖値の維持など、さまざまな生理作用に重要な役割を果たすそうです。ビオチンというのは、皮膚炎を治す実験から発見されたそうです。ビオチンが不足してしまうと、髪が抜けたり、白髪になったりするそうです。また、アトピー性皮膚炎の原因となる化学物質ヒスタミンのもとになる、ヒスチジンを体外に排泄する作用があるそうです。妊娠の正常な維持や胎児の発達にも関与しているそうです。爪がもろいなどの症状がある場合は、経口摂取で有効と示す報告があるそうです。幼児の脂漏性皮膚炎には有効性が認められているそうです。レバー、腎臓、卵黄、酵母、野菜、穀粒、ナッツなど、さまざまな食品に含まれているそうです。バランスの良い食事をして、毎日少しずつでも摂取するようにするのが大切だそうです。ビオチンは腸内細菌によっても合成されるそうです。欠乏症は心配ないそうです。尿から速やかに排出されるそうです。とりすぎの心配はないそうです。目安は成人で1日に50μgだそうです。