Menu

補習塾



小学生用の塾のうち、進学塾と違い、受験をするつもりのない子供たちが通うのは、学校で習った部分の勉強を学校の進行度に合わせて教える塾である補習塾です。学校で理解しきれなかった範囲を、もう一度丁寧に授業をしてくれるのが特徴です。

そのため、教材も学校の教科書とほぼ同じ易しさのものを使用しています。中学生向けの補習塾もあります。ほとんどの中学生が受験を考えているとはいえ、進学塾とことなり、学校の授業より極端に進行を早めることはしないので、授業の理解が追いつかないという学生が通っています。テストを行ってクラス分けをしたりすることは普通はありませんし、入塾に関しても入塾テストはない場所も多くなっています。

中学3年生になれば少し受験を考えた授業をしますが、補習塾に通う生徒たちは、学校の授業についていけなかったという子供たちが多いので、進学塾に比べるとじっくりていねいに授業をし、意図的に学校の定期試験に合わせた勉強もしやすくなっています。このじっくりていねいな授業で学校の授業の補完し、練習問題をたくさん解いて理解を導くのが、補習塾の役割です。

補習塾は、合格実績よりもどれくらい面倒見が良いか、丁寧に生徒に接するか、を売りにしているので、進学塾と比べると圧倒的に所属人数は少なくなっています。そのため、全国区に展開というよりは地域密着型の塾がほとんどです。

最近では、このような補習塾が少なくなってきましたが、代わりに主婦たちが家や集会所でさらに少人数に分からない部分を教える家庭塾が増加しています。それらの多くはフランチャイズ経営なので、全国で同じレベルの授業を受けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です