Menu

総合塾



総合塾は、進学塾と補習塾の両方の特色を持った塾です。受験を目指す進学コースと学校の授業範囲を重点的に学ぶ補習コースがあって、最初の入塾テストの成績によってコースが振り分けられます。成績が良ければ進学コースに、悪ければ補習コースに、といった具合です。

授業の進行は進学コースでは進学塾のように速く、補習コースでは補習塾のようにじっくりていねいな授業をしているので、在籍する生徒一人一人おおきくばらつきがあっても、それぞれの学力にあったクラス分けによる授業が受けられることが特徴です。入塾自体も、やる気さえあれば学力は問わないというスタンスの場所もあるので、敷居が低いと言えるでしょう。

そのため、総合塾には幅広い成績の学生が集まります。そのため、大きい規模の場所もあります。規模の大小でその総合塾のだいたいの傾向が分かります。おおざっぱに言うと、規模が大きい場合は進学コースに力を入れていることが多いので進学塾寄りに、小さい場合は補習コースがメインの場合が多く補習塾寄りになります。そして、地域密着型の総合塾の場合もあれば、企業的に全国に展開している総合塾もあるので、分類としては非常に大まかな分類になります。

このような塾は、特に小学生で、受験は考えていないが補習塾のような授業では物足りない、という学生に非常にマッチしています。

例えば、始めは補習コースに振り分けられたが、そこから成績がどんどん上がっていき、もっと質のいい授業を受けたいと思ったら、進学コースへ移動することが出来ますし、その逆で、進学コースに振り分けられたが、授業について行けなくなったという場合は、補習コースに移動して授業の難易度を落とすことが出来ます。これらは、同じ塾内に進学と補習の二つのコースがあるからこそできることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です