Menu

家で治療する



  病院などに通えない状況にある時、子供の具合が悪くなってしまったら、最悪在宅医療を選択しなければならないのではないでしょうか。しかし、こういった場合での心配事として、検査環境が不十分ということが挙げられるでしょう。これは、複数の疾病の危険性が考えられることから、対象療法を中心に治療し、経過を観察するというアプローチが多く採用されているようです。このことから、医療機関での診察よりも慎重に薬の効果や薬物有害事象を観察する必要があると言えるでしょう。医師の定期訪問は、通常月2回が一般的のようですので、症状の観察には、医師だけでなく、薬剤師・訪問看護師・介護スタッフ・家族の協力が必要と言えるでしょう。また、親族や家族の中に医師を目指してアルバイトをしているといった人がいれば、相談してみるのも良いのではないでしょうか。

在宅医療においては,発生している問題を「病変」にだけ焦点を当てるのではなく、社会的・経済的環境や心理的環境に着目することが重要とかんがえられているようです。限られた中での訪問であるため、医師とのコミュニケーションをとることは大切であり、保険薬剤師やケアマネジャーなどにも症状や状態の変化だけでなく生活状況についての情報を伝えることを心がけましょう。その結果,ムリ・ムダ・ムラを最低限に抑えた在宅療養空間ができ、安定した状況で計画的な対応を行うことが可能となるのではないでしょうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です