Menu

肩の腱鞘炎



肩を酷使するような職業の方や、スポーツ選手などをに起こる肩の腱鞘炎は、肩に負担をかけながら、長時間同じような動作を繰り返し、肩を酷使するような人に起こりやすいようです。肩こりとは異なり、肩の炎症から起きていることですので、そのような症状が起きている場合は、肩を酷使することを休めて、まずは、炎症を抑えなくてはなりません。さらに、整形外科などでの治療期間としては、一般的には、1~2週間などとは言われていますが、再発する可能性もありますので、日頃から予防をしていただくのが一番良いのではないかと思われます。手首の腱鞘炎は、皆さん聞き覚えなどがあるとは思われますが、肩でも似たような症状として、肩の腱鞘炎が起こることがあります。スポーツ選手や、音楽家などにもこのような症状が見られる方が多いようです。また、肉体労働をするなかでも、工場などで同じ動作を繰り返すライン 製造や、パソコン作業など長時間同じ姿勢で同じ動作を繰り返すような人に多く見られる症状でもあるようです。野球選手、テニスの選手、ボウリング選手、ピアノの伴奏家、バイオリン演奏者、ギター演奏者などにも多く見られる症状のようです。主婦や、頑張るお父さんたちも、子供たちのためについ無理をしがちな肩、ぜひ労わる時間を持ってくださいね。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です