Menu

偽のあなた自身の姿



苦手な人・あなたの気持ちを害する人・あなたを悲しませる人etc…これらすべてがあなたのマインドが持つ、ネガティブなセルフイメージです。苦手な人が目前に現れたならば、 それはあなたの姿ということです。もちろん、本来のあなたの姿ではないのですが、ネガティブマインドがあなたに信じ込ませている虚像の「あなたの姿」なのです。マインドの中にネガティブなセルフイメージを持つと、おおかたその正反対の役柄を演じるようになります。そうすると、おもいしろいことに自身のセルフイメージそのものの人間が、あなたの目前には必ず現れるのです。つまり嫌な人間が現れてしまいます。このようなセルフイメージは持っていれば、必ずそういう相手を自分に引き寄せるのです。セルフイメージと真逆のキャラクターを演じて生きている時というのは、自分が嫌っている自分をやらないように、我慢をしている状態とも言えます。これは世の「いじめ」 の構造とも言えます。ですから、今世に生きる人すべてが、この仕組みを知り、相手を非難・攻撃するのではなく、他者を通して嫌な感覚を覚えた時は、じっくり自分のマインドと向き合い、セルフイメージを見つけ出します。そして、そのセルフイメージと別れることができれば、この世からほとんどの争いごとはなくなるでしょう。マインドがネガティブなセルフイメージから脱出することができると、我慢する抑圧的な自分もいなくなります。「我慢することはダメなことだ」という、あなたを抑圧するマインドの存在が消えるからです。